木造住宅

木造住宅の耐震性について

鉄筋構造に比べ、耐震性に劣ると言われる木造住宅です。では、なぜ耐震性が劣るのか、また耐震性を向上させる方法をご紹介します。
そもそも木造住宅はなぜ耐震性に劣るのでしょうか。理由は2つあります。1つめは主に木材を使用していることです。住宅の構造物には強度が高く、曲げにも強い木材が使用されます。しかし、木材は自身の限界以上の曲げの力が加わると折れてしまいます。
また、外力による疲労や経年劣化によっても強度が落ちてしまいます。2つめは接合部が存在するということです。木造住宅はその建築様式上、どうしても木材同士の接合部が存在します。地震が起きた場合、この接合部に特に大きな力が加わります。これによって住宅に歪みや変形が発生してしまいます。
続いて、耐震性の決定因子ですが、それは3つあります。まず、基礎とは建物を下で支える構造体のことです。現在、布基礎とベタ基礎が一般的ですが、面で建物を支えるベタ基礎のほうが耐震性に優れています。
続いて、建物の重量が重要です。建物が重いほど地震のエネルギーの影響を受けやすいです。建物を軽くするには外壁仕上げ材に軽いサイディングを使用するなどがあります。最後は補強材です。木材同士の接合部や梁の部分などには補強材が使用されています。この補強材の数が耐震性を左右します。

木造住宅の耐震性について

鉄筋構造に比べ、耐震性に劣ると言われる木造住宅です。では、なぜ耐震性が劣るのか、また耐震性を向上させる方法をご紹介します。そもそも木造住宅はなぜ耐震性に劣るのでしょうか。理由は2つあります。1つめは主に木材を使用していることです。住宅の構造物には強度が高く、曲げにも強い木材が使用されます。しかし、木材は自身の限界以上の曲げの力が加わると折れてしまいます。また、外力による疲労や経年劣化によっても強度が落ちてしまいます。2つめは接合部が存在するということです。木造住宅はその建築…

木造住宅の良い点について

日本は非常に木造建築の技術が高くなった国でもあります。それは昔から火事が多い国であった、或いは森林資源がとても豊富であった、というような理由があるわけですが、今でも木造住宅はとても多いです。何故かといいますとそれは一つの理由としてコストの理由があります。色々と差はありますが基本的には耐久性や耐震性、防火性なども考えますと鉄筋コンクリート製の住宅のほうが耐久性としては高いのです。しかし、木造住宅は安くできるのです。それに木造住宅であろうと別に悪いわけではないです。極めて高い耐…

木造住宅はどこがよいのか

住宅というのは基本的に現在は材質は二つあります。一つは木造であり、もう一つがコンクリートです。正確にいえばコンクリートの中に鉄筋を入れて強度、柔軟性を高める必要がありますから鉄筋コンクリート住宅といえます。どちらも非常に良い住宅を作るときに役に立つ材料です。では、木造住宅の特徴とは一体なんなのか、といいますとコストを抑えることができます。少なくとも鉄筋コンクリートで作るよりも安価で済むようになります。既に木造住宅でも日本の木材を使っていることはかなり稀になってしまっているですが、そ…

木造住宅はメリットがたくさん

昔から日本の建築では「木造」が主流でした。最近では鉄筋コンクリートや、鉄筋鉄骨コンクリート住宅なども増えていて強度面などで大きなメリットもあり人気が高くなっていますが、木造住宅にも大きな特徴があります。木造建築は鉄筋建設よりも安く仕上げることができ、棟上げが早く済みます。また、鉄筋などに比べると間取りの自由度が高いので設計の幅が広がります。そして木には調湿効果があるので梅雨時期にも快適に過ごすことができ、熱伝導率も鉄筋コンクリートに比べると低いので四季のある日本ではもう木造住宅の方…